header
top       collaborations     events     consortium    core member
institutes:   TWIns  WABIOS   NUS   LIMES   IIT   UCLA
3DLabExchange

Three Dimensional Development of Lab-Exchange type Biomedical Science Research Consortium

ラボ交換型生命医科学研究コンソーシアムの立体展開


Future and Past Events

"3D Lab Exchange Symposium" in Singapore (Sep 7-9, 2015)

Mission

    This international exchange project, "Three Dimensional Development of Lab-Exchange type Biomedical Science Research Consortium" is aimed to develop young scholars and to promote fusing inter-institutional collaborations between Waseda Univ. and four overseas top level institutes, National University of Singapore, University of Bonn, Istituto Italiano di Tecnologia (IIT) and UCLA, by exchanging young researchers and students for short periods. Young researchers and students are expected to acquire broad knowledge of foreign research fields and wider circles of investigators. Senior researchers are expected to find unexpected collaboration seeds in different disciplines. This five year program (2014.4-2019.3) is supported by "JSPS Core-to-Core Program" of Japan Society for the Promotion of Science (JSPS).

about JSPS Core-to-Core Program: This program is designed to create top world-class research centers that partner over the long term with other core research institutions around the world in advancing research in leading-edge fields, on issues of high international priority. The Core-to-Core Program will concentrate on fostering the next generations of trailblazing young researchers.

    この国際研究交流プロジェクト、「ラボ交換型生命医科学研究コンソーシアムの立体展開」は早稲田大学とシンガポール国立大学(NUS)ボン大学(LIMES)イタリア技術研究所(IIT)UCLA医学部の間で研究者・学生を相互に短期間派遣することで、若手研究者を育成し研究機関同士の研究交流を図ることを目的としています。 また毎年一度のシンポジウムを開催します。若手研究者・学生がこのプログラムを利用してこれら交流機関を訪問し異なる分野の知識を広め知己を増やすことを、さらに、思わぬ異分野間の共同研究の種を発見していただくことを期待しています。 このプロジェクトは日本学術振興会(JSPS)研究拠点形成事業により2014年度から2018年度まで運営されます。

先端研究拠点事業について:  日本学術振興会は、 我が国において先端的かつ国際的に重要と認められる研究課題について、我が国と世界各国の研究教育拠点機関をつなぐ持続的な協力関係を確立することにより、 当該分野において世界的水準の研究交流拠点の構築とともに、次世代の中核を担う若手研究者の育成を目的として研究拠点形成事業を実施します。 本事業においては、我が国と交流相手国の拠点機関同士の協力関係に基づく双方向交流として、「共同研究」、「セミナー」、 「研究者交流」を効果的に組み合わせて実施するものとします。なお、 本事業による支援期間終了後も、拠点機関においては、当該分野における中核的な国際研究交流拠点として継続的な活動を実施することが期待されています。 (募集要項, 概念図)

本プロジェクトの申請書(抜粋)